家電や観葉植物を贈るときの注意点

中学の友人が去年結婚しました。 実は私が学生時代、ほとんど友人がいませんでした。 なので、放課後やお弁当の時間はいつも1人で過ごしていました。 友人がいないのは小学生からなので、1人で過ごすには慣れていました。

そんな寂しい学生生活を送っていたわけですが、ある日のお弁当の時間です。 私に声を掛けてくれるクラスメイトがいました。 それが去年結婚した友人です。 この友人とは気が合い、それから20年以上の付き合いです。 先ほど話しましたが、学生時代にほとんど友人ができませんでしたので、唯一の友人でした。

なので、結婚するという報告を聞いたときはとてもうれしかったです。 しかも結婚と同時に新築も建てるということだったので、新築祝いも一緒にしようと思いました。 ただ、知り合いと呼べる人が今までいなかったので、どんなものを贈ったらいいのか見当がつきませんでした。 ちなみに、新築というと一戸建てだけを指すのかを思っていたのですが、マンションや事務所や店舗も含まれるとのこと。これは覚えておいて損はないことです。

さて、新築祝いと言っても贈る人によって考えなければいけないことがあります。 特に、自分よりも目上の人、例えば上司、親の知り合いなどに贈るときは贈ってはいけないものを知っておくといいでしょう。 まず、火を連想させるもの。これがわかると思いますが、火は火事を連想させてしまいます。 これは新築を建てたばかりの人に失礼になります。

特に注意しないといけないのは、家電。家電自体が火とはまったく関係ないものだとしても、家電の色が赤だったりするとよくありません。 家電の色は結構気にしないことがあるので注意しましょう。 特に、今はネットで購入してそのまま贈ることもあると思いますが、その際、現物を見ることがないため、色まで意識しないこともあります。 新築祝いをネットから贈るときは十分に注意するようにしましょう。

また、新築の玄関に置く観葉植物を贈ろうと思っている人もいるでしょう。 この際もどんな色の花が咲くかを確認するのを忘れないようにしましょう。 特に、購入した時は花が咲いていないときは、うっかり花の色まで確認しないことがほとんど。 もし、観葉植物を贈るときは花が咲かない種類を選べば心配することはないです。 さらに、これは結構知らない人が多いのですが、壁に掛ける時計や絵画も避けるのが無難。 特に、友人のような同じ年齢の人に掛け時計を贈ったりするものですが、あまりよくありません。 理由は、新築の家を傷つけてしまうからです。

この2点に注意すれば大丈夫です。 ここまで注意しなければいけないことを書いたわけですが、私の場合、中学からの友人ための祝いだったので、あまり上記のことは気にせずに選びました。 その友人は、フィギュアをたくさん集めるのが趣味でした。 なので、そのフィギュアを飾ることができるラックを贈ることにしました。

もちろん、色は赤ではなく、地味な茶色にしました。 ラックが地味なら飾るフィギュアが一際目立つはずです。 値段は2万円でした。 ここで、新築祝いに贈るものはどの程度の価格がいいのか迷っている人もいるでしょうが、私はたまたま2万円になりましたが、2万円は平均的な価格のようです。

本当は年齢や普段の付き合い方によって価格が細かく分かれているのですが、相手が本当に欲しいものであれば、価格はあまり関係ないのではないでしょうか? ただ、新築祝いというのは、その後、お返しをしなければいけないというしきたりもあるので、あまり高額だともらった人がお返しで困ってしまうかもしれないと思うなら、1〜2万円が妥当な価格ではないかなと思います。 あと、友人や会社の同僚の祝いのときは、みんなでお金を出し合って祝うこともあるかと思いますが、そんなときは、1万円程度上乗せした価格の範囲で選ぶといいでしょう。

新居が完成する時期を確認しておこう

あと、特にネットから贈るときは、タイミングに注意したほうがいいです。 ネットから注文する人は結構早めに準備することが多いです。 するとまた新居が完成しないときに、祝いのものが届くなんてことも起こります。 これでは、相手に迷惑です。 一番いいのが新居が完成して3ヶ月あたりに贈るのが一番。

ただ、あまり付き合いがない人は、新居の完成予定に関する情報を手に入れることは少ないでしょう。 そんなときは相手から新居移転に関する手紙が届いてから贈るのもいいでしょう。 通常よりは遅いタイミングになってしまいますが、失礼に当たるほどでもないので、すこしゆっくり準備して新築祝いをすればいいでしょう。

私の場合は、新居が完成したら遊びに来てを言われていたので、遊びに行ったついでにラックを持って行きました。 本当は完成した状態で持って行く予定でしたが、予想以上に大きいかったため、車で解体して運び、友人と一緒に新築の家で組み立てました。 いろいろな決まりがあるのは事実なのですが、あまり気にしなくてもいいのではないかと思っています。 最近はいい意味でも悪い意味でもNGなことに寛容になってきています。 相手もあまり決まりを知らないこともあるので、まずは相手が喜んでもらうにはどんなものがいいのかだけを考えましょう。

尚、どんなものを贈ってはいいかわからないので商品券を贈りたいとお思いの人もいることでしょうが、会社の上司以外であれば、失礼に当たることはないでしょう。 会社の上司でもあまり気にしない人も多くなりましたが、やはり気にする人は気にします。 特に上司なので、日頃身近に接する人です。もし、上司に何を贈ったらいいかわからないときは、同僚にアドバイスしてもらうのが一番です。 同僚の中には上司のことをよく知っている人が1人はいるはずです。 そのような同僚に聞けば心配することもなくなるでしょう。

記事一覧